スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■突然のパソコン停止・・やはり慌てますね プチパニック

師走の忙しい午前中突然のパソコン(PC)固まったよ

 当院は電子カルテ(ダイナミクス)、内視鏡画像管理(EndoDB2) すべてPCで行っております。診察室のみで自作PCが4機稼働して診療を支えています。 うち1機は内視鏡画像の親機も兼ねています。
 したがって、キーボード、マウスも1台で各PC間は切替器を用いております。今回のトラブルは、突然他のPCへの切り替えができなくなり、キーボードからの入力もできなくなったという緊急事態の発生です。

 経験上、すべてのPCを再起動すると多くの場合は回復するのですが、内視鏡検査も中止し、リセットいたしましたが、ダメでした。幸いにして内視鏡親機のPCはモニタ画面は出ませんが、立ち上がっており(内視鏡管理の親機機能は保たれている)内視鏡は遂行できました。

 問題は、カルテ入力さらには検査後の患者さんへの説明です。カルテ入力はメモを残しておけば、診療後のあらためての入力も可能ですが、患者への内視鏡説明はそうはいきません。当院の「ウリの一つ」がこの内視鏡検査「終了後、ただちの内視鏡画像を供覧しての説明」にあるのですから・・

 そこで診察室のセカンドマシンとして使用しているノートPCを机上に置き急場を成功裏にしのぎました。この日の患者さんには多少見づらかったかもしれませんが、その日の内視鏡画像まで供覧することができたのです(ヨカッタ)。

 診療後、さっそく原因の究明です。まずは1台づつUSBのキーボード、マウスおよびモニターをつないでのテストです。すべて正常に稼働したため、「PC切替器」が原因であろうと思われ PC4台用の切替器をネットで注文いたしました。

 最低限、内視鏡親機の自作PCさえ稼働していれば、とりあえずの診療には差し支えないので、そのPCが立ち上がることを確認して当日のカルテ整理を終え、深夜帰宅いたしました。

 翌朝もプチトラブル! 愛用していたキーボード使用して、PCは立ち上がりますが、「5」の数字が入力できないではないですか! 昨日のUSB対応のキーボードでは、何事もなかったように動きます。

 つまり、「キーボードの不調・故障」が昨日のフリーズの因であったのです。 他のキーボードに変えて PC4台で何事なく通常の診察を行うことだ出来ました。




 上図は「今回不調になったキーボード」ですが、 キーの一部にはテカリがあり、かるく凹んで入り Shift Ctrl K 等の文字が消えてます。 しかもUSBでなく旧式のインターフェイスです。

 USB対応の切替器を注文してしまい、すでに配送され、手元に鎮座しているアマゾンの箱を横にしてこの記事をUPしてます。 次回切替器に関する何らかのトラブル発生時に交換予定です。

 ハードも 適当に交換しなければならないのは承知しておりますが、小生の性格上何か不都合が生じた場合なんとか今手持ちのものでなんとかしのごうとするもので・・・ 

 診療や内視鏡治療上においても同様で、なにか不都合なことがあったら、即座に何らかの手段で対処しようと常に心がけております。

 それでは、皆様 良いお年をお迎えください   平成25年12月23日    岡本平次





スポンサーサイト
リンク
最新記事
カレンダー(月別)
11 ≪│2013/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
マウスについてくる星
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。